Story

私の夢は、
私だけの夢ではない。

 私の冒険は3歳から始まった。両親の付き添いなく、障害児たちと登山やサバイバルキャンプに参加。小学生になってからは、アジアの子ども達といっしょに中国にある無人島でのキャンプやモンゴル草原縦走などを経験した。
 小学校でいじめに遭うも、冒険仲間のコミュニティがあったことや、その大人達にも守られ、不登校やぐれることもなく、引っ込み思案だったところからも強くなれた。
 冒険では登ることの楽しさよりも長期間の仲間との生活が楽しかった。それはさまざまなハプニングを楽しめる考え方へと変わり、何事にもチャレンジできる人間になれた。

 小学4年生の時には、初体験した雪山登山に魅了された。中学1年生でパキスタンの4700m登山を経験したことで、高所登山の面白さを知った。登山をしながらバドミントンにも熱中し、長崎大学では全日本学生選手権出場を果たした。 
 大学生になり、登山と正反対のことをしてみようと水産学部を専攻、韓国済州島で海女(あま)の研究をした。
 大学3年生の時には、6000m峰でチームで登山に挑戦。保健係を担当したことで、看護師の仕事に興味を持った。それから現在に至るまで、看護師をしながら資金を貯め8000m峰を24回登り、うち13座登頂を達成する(1座を3回登頂したので、延べ24回登頂)。気がつくと「日本人女性初」の記録が並んでいた。

 年々、精神的に不安定な子どもや、病んでいる大人が増えていると感じている。ある時、人生に疲れていた友人をヒマラヤに連れて行った。日本に帰る頃にはすっかり元気になっていた。私自身もヒマラヤが精神的支えになっており、このヒマラヤでの登山が精神的ケアの大きな役割を果たすのではないか。同時に、私が経験したように、子どもの時の体験は、ユニークな人間を作る大きな可能性を持っているのではないかと思いだした。

 時代は変わり、子どもに体験させることが危険だと臆する親が多くなった。預ける先に不安があるのも理由のひとつだと思う。これまでの実体験がある私であれば信頼し、安心して預けてもらえるような組織が作れるのではないかと考えている。その場所で、日本だけではなく世界中の子どもたちに冒険を経験してもらいたい。エベレストは登山だけではない楽しいことがたくさんあることを知ってもらいたい。
 そのためにまず、私がアジア人女性初8000峰全14座登頂を果たし、より多くの方に私を知ってもらう必要がある。今までこつこつと積み重ねた経験は自分の趣味のひとつだった。これからはこの経験を活かした社会に貢献ができるようにしていかなければならないと思っている。

アジア人女性初8000m峰全14座登頂は私にとっては、あくまでも通過点であり、その先にもっと大きな夢がある。

どんな人にも可能性はある。私の挑戦が、誰かの挑戦につながったら嬉しい。

私の夢は、
次の世代へつながる夢。

8000m峰14座Eight thousanderEight thousander

8000m峰14座

「世界の屋根」とも形容されるヒマラヤ(ヒマラヤ山脈やカラコルム山脈)。地球上でもっとも標高が高い14座の8,000m級の山々は、ここにしか存在しない。巨大な山脈はインダス川、ガンジス川、黄河、長江などの水源でもある。この水系に約7億5,000万人の人々が生活しているといわれている。

Support

サポーター募集

アジア人女性初の8000m峰全座登頂まで、あと1座。2023年に最後の1座シシャパンマ(チベット8027m)に挑戦します。そのためのサポーターを募集します。

私はこれまで、看護師として働き自己資金で登ってきました。でも、状況が変わってきました。そこで、2022年度からはスポンサーをつけて活動してきました。しかし、それでも登山費用はまかなえず、サポーターを募ることにしました。

みなさんと共に夢の頂へ行きたいです!

個人サポーター
募集

オリジナルグッズの販売などで応援を受け付けております。売上は、渡邊直子の活動運営資金など、大切に使わさせていただきます。

WEB STORE

企業サポーター
募集

登頂フラッグや、自身の経験を活かした講演会など、さまざまな形で支援していただけます。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

Sponsors

Supporters

Media

view more  → ご依頼・お問い合わせ